大原先生の紹介

 

Jun-Ichi Ohara, MD, PhD

Practicing in Orange Country since 1996

Specialities:

  • Internal Medicine
  • Gastroenterology
  • GI Endoscopies

 

<病院>
大原医師は、下記の病院のMedical Staff (内科系消化器科)で、これらの病院施設を使用する事が出来ます。
オレンジ郡   Hoag Hospital Irvine/Newport Beach  (www.hoag.org)
ロサンゼルス郡 St. Vincent Hospital in Los Angeles     (www.stvincentmedicalcenter.com)

 

<大原純一医学博士 Jun-Ichi Ohara,M.D.,Ph.D. 略歴>

岡山大学医学部 

日本医師国家試験                                                      

大阪大学第三内科 大学院医学博士課程                           

大阪府立羽曳野病院                                                     

医師佐賀医科大学医学部免疫学教室                               

米国国立衛生研究所(NIH, Bethesda, MD)                 

コロラド州立大学医学部内科学教室消化器内科               コロラド州立大学医学部微生物学教室                             

コロラド州立大学癌センター                                           

米国連邦政府機関      医師試験                                 

カリフォルニア州政府機関  医師試験                               

米国内科学会公認   一般内科専門医                               

米国内科学会公認  消化器内科専門医                             

大原医院                                                                  

オデッセイASC内視鏡センター      

米国内科学会公認  消化器内科専門医                   

 

卒業 (医学士)

合格 (医師)

卒業 (医学博士)

常勤医師

助手

Research Associate /Research Scientist

研究准教授

併任准教授

MEMBER

合格 (医師)

合格 (医師)

Board Certified(2004年まで)

Board Certified

開設

開設

Board Re-Certified


 <研究、著作、講演、啓蒙活動>

これまで、Nature, Proceedings of the National Academy of Sciences (PRONAS), Journal of Immunology, Journal of Experimental Medicine (The Rockefeller University Press, New York, NY), Immunogenetics等々に、original な研究論文を発表してきました。

またAnnual Review of Immunology (Annual Reviews, Palo Alto, CA)や、その他の総説も、発表しています。

 

在日中は、日本語の研究論文、基礎医学系や臨床医学の総説、学会発表等々も行なってきました。

現在も診療活動の合間に、幅の広い医学啓蒙的な講演、著作活動を行なっています。


米国内科学会公認消化器内科学・肝臓学専門医

 

身内に医者が多く,回りも当人も医者になるのは当然という状況でした。しかし岡山大学医学部で多くの良い教師に出会い臨床家になるのか、基礎医学に進むべきなのか大変悩む。その結果山村雄一先生をお慕いして大阪大学内科学教室の大学院生となり、基礎も臨床も両方学ぶ事になりました。結局、免疫学・アレルギー学を専攻し学位取得。さらに大阪府立羽曳野病院と佐賀医科大学で臨床と基礎医学を幅広く学びました。

 

1983年にNIH (国立衛生研究所、Bethesda, MD) に招かれ、その時のインターロイキン4 (IL-4) の研究が金脈にあたり、6年間でNature, PRONAS USA, J. Exp. Med, J. Immunology 等々に自著・共著あわせて30篇以上を発表。またAnnual Review of Immunology (Palo Alto 1987) にも総説を書いています。

 

デンバーではコロラド大学内科学消化器科の研究准教授(Research Associate Professor) として研究を続けると同時にインターン・レジデントと消化器フェローシップを完了し、岡山大学時代に取得していたECFMG をもとに、米国医師免許証、米国内科学会公認内科専門医と消化器内科専門医資格を取得。また、研究成果はImmunogenetics (1991) に発表しています。

 

その後南カリフォルニアに移り、本来医学部を目指した目的の はずの医者(臨床家)になりました。2010年には新しくオデッセイASC内視鏡センターをオレンジ郡グレートパーク(旧エルトロ飛行場)の南方(アーバイン市)に開設、ホーグ病院と聖ジョセフ病院の両方を使いながら「自分が患者の時には、このような医者に会えたらいいな」という医者を目指して、毎日の診療に励んでいます。